.

物語の中にどっぷりとつかり、主人公の人生を知ることができる醍醐味 そして、もしかすると自分をそこに投影しているかもしれない、それが小説の魅力です。 小説の中には多くの情報があります。それは人によって異なるかもしれませんが 人間について、社会について、人生について、友達について、それらのことが 普遍的に描かれているからです。 一度読んだ小説でも私は何度も再読を繰り返します。作品に触れてその作品を好きになると作家のことを知りたくなります。 作家を知ることで作品の描かれていた状況や事情がわかり、いっそう深く作品に触れることができるのです。 そうするとしばらくたって、また同じ小説を読み返したくなるのです。 小説は学校で勉強することと同じ、あるいはそれ以上のことを教えてくれる道標のような役目をしてくれます。また、かけがえのない友人のような役目もしてくれるかもしれません。 ずっと読み続けていくと、小説はなんて素晴らしいのだろうと思うはずです。